読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Unity】PlayerPrefsで簡単セーブ

ゲームに必須と言っても過言ではないプレイデータの記録に関しても、Unityならなんと一行で簡単に実現出来ました。

//数値データの保存
PlayerPrefs.SetInt("Result", saveData);

//数値データの読み込み
int result = PlayerPrefs.GetInt("Result");

整数以外に、実数や文字列も保存可能。
ループを利用すれば、擬似配列的にデータの保存取得も出来る様子。
スコア管理なんかも楽ちんです。

ちなみに、OS環境によって保存箇所が変わるので注意が必要かも。
一応ファイルサイズに対する制限も有るみたい。
どちらも気にする必要はほとんど無いけどね。

翌日追記
全データの削除が無いと、意外に不便だったので一応追記しときます。

PlayerPrefs.DeleteAll();

参考
Unity Script Reference:
Unityでゲーム開発 -JavaScript:ゲームセーブ方法-